取り扱い製品・工法

TB工法

図:TB(タッチボンド)工法は・・・

図:TB工法

●TB工法の特長

追随性
継手部の高弾性接着剤によってレベル2地震動永久ひずみなどのあらゆる地盤の変位に追随
水密性
変位後も 弾性シーリングと同等以上の水密性!(0.1MPa以上)
連続性
曲線部、断面変化部、既設との接続部も直線部とおなじ接合構造!おなじ性能!はTB工法だけ
施工性
製品を据付けて注入するだけ! 目地不要で内部の作業はなし!
工期短縮! コストダウン! 施工時の外気温−10℃〜40℃に対応!
  • TBボンドを充填後、すぐに埋め戻し可能
    → 頂版部の開放部(充填部)に土砂が入らないように養生し、埋め戻す際に製品が動いてTBボンドが漏れないように配慮すればOK!
  • 現場打ちの桝や既設ボックスにも耐震継手として接続可能
    → 既設側の表面にTBソケットを埋めこみ、新設するボックスと接続してTBボンドを充填すればOK!

●TB工法の詳細

図:施工は簡単、安全、確実、完全止水で地震後も安心!

●TB工法の施工手順

ボックスカルバートの据付け

図:ボックスカルバートの据付け

高弾性接着剤の注入

図:高弾性接着剤の注入

●TB工法の歩掛

図:TB工法の歩掛

●TB工法の性能

(1)標準仕様(高弾性接着剤の厚さ:10mm)
レベル2地震動による地盤変位によって継手部に発生する変位量が10mm以下の場合に対応

(2)特殊仕様(高弾性接着剤の厚さ:30mm)
永久ひずみによる大きな地盤変位などによって継手部に発生する変位量が30mm以下の場合に対応

図:TB工法の継手部の性能表

●耐震性

  • 供試体2体を接着接合し、軸方向繰返し変位試験によって地震動による変位に対する継手部の追随性を確認!
図:耐震性

●水密性

軸方向繰返し変位試験後の供試体を使用し、軸方向変位、曲げ変位およびせん断変位状態における水密性試験によって継手部の水密性を確認!

図:水密性

●開水路(フリューム)への適用

図:開水路(フリューム)への適用

上図に示すU型製品(1800×1500)を3本(有効長L=4.0mの標準製品1本、斜型製品2本)施工し、耐震性(地震時の追随性および水密性)を確認しました。

  • 水密性の確認
    両端に遮蔽板を取付けた後、フリューム内に水を入れ、漏水のないことを確認

↓

  • 耐震性の確認

    (1)軸方向変位
    製品内に水を入れたまま製品の離間を5mmから15mmまで変位させ、製品接合部から漏水のないことを確認

    (2)曲げ変位
    製品内に水を入れたまま製品上部の離間を5mm、下部の離間を5mmから15mmまで変位させ、製品接合部から漏水のないことを確認

    (3)せん断変位
    製品内に水を入れたまま製品相互を10mmせん断変位させ、製品接合部から漏水のないことを確認

●主な施工実績

写真:曲線部への適用例(直線部と同等の連続性,耐震性,水密性)

製品寸法:500×500×2000〜800×800×2000

曲線部への適用例(直線部と同等の連続性、耐震性、水密性)

写真:大断面への適用例

製品寸法(2900+2900)×1500mm

大断面への適用例

写真:液状化地盤への適用例

製品寸法:2000×1500×2000mm
※液状化地盤における永久ひずみ1.2%に対応した継手構造

液状化地盤への適用例

写真:断面変化部への適用例

製品寸法:1500×1500×1500mm
:1500×2500×1500mm

製品寸法:2000×2500×900mm
:2000×2000×斜切り

断面変化部への適用例

写真:特殊人孔への接続例

製品寸法:1300×900×2000mm
角形コネクト2500×2500mm

特殊人孔への接続例

写真:開水路(フリューム)への適用例

U型1800,1700×1500×2000mm

開水路(フリューム)への適用例

写真:長尺ボックスカルバートへの適用例

長尺PRC600×600×4000

長尺ボックスカルバートへの適用例

写真:アーチカルバートへの適用

アーチ1500×1800×2000

アーチカルバートへの適用

写真:既設との接続例(コーキング用)

既設および新設10500×5200

既設との接続例(コーキング用)

TB工法は上記のように特殊な接合部も直線部(標準部)とおなじ耐震性および水密性を有しています