日本PCボックスカルバート製品協会とは

昭和41(1966)年、空港内の道路下の排水路建設に当たって、現場打ちでは対応できない急速施工の必要性に合致した製品として、設計・製造・施工面より検討を加え、我が国最初の本格的なPC構造の大型ボックスカルバート製品を開発しました。また同時に、製品相互の接合面に特殊ジョイント材を使用し、PC鋼棒により縦方向を緊張連結することによって、漏水防止、耐震構造の具体化とさらなる急速施工を可能にする施工方法「PC鋼棒による縦締め連結工法」を開発したことで、PCボックスカルバート本体および連結工法の優位性が社会に高く評価され、全国で使用されることになりました。

一方小口径ボックスカルバートに対しては、さらなる経済性が求められたため、高張力異形鉄筋と高強度コンクリートを使用し、さらに適度なプレストレスを導入した新しいボックスカルバートの研究を行い、近年ようやく周知されることとなったPRC(プレストレスト鉄筋コンクリート)構造にいち早く着目して、新製品HTC(ハイテンションコンクリート)ボックスカルバートを開発しました。これらの2大主力製品の需要が全国的に広まり、各地の有力コンクリート製品メーカーの要望を受けて、全国50社におよぶ全国組織として日本PCボックスカルバート製品協会が設立され、応用製品を開発しながら今日に至っています。

●協会データ

協会名 日本PCボックスカルバート製品協会
所在地 東京都中央区新富1丁目8番11号 東新ビル5階
TEL 03-3206-1913
FAX 03-3206-1914

●アクセスマップ